幹細胞とは?幹細胞が美容業界で注目される理由

幹細胞とは?

ヒトの身体は数多くの細胞で構成されており、皮膚や血液のように、ひとつひとつが細胞が集まって出来ています。

その数多くの細胞のなかで細胞の寿命が短い細胞が存在します。

細胞が死滅すると新たな細胞を生成して補う必要があり、その絶えず入れ替わり続ける組織を保つために、私たちは失われた細胞を再び生み出して補充する能力を持った細胞を持っています。

こうした能力を持つ細胞を「幹細胞」と呼びます。

組織が怪我をしたりダメージを受けたりしたときも失われた組織を補充する能力を持った細胞で、その修復能力から肌の再生効果が期待されており、美容化粧品に配合されるなどして注目を集めています。

幹細胞の特徴

幹細胞の特徴は2つあります。

1つは、分裂して自分と同じ幹細胞を増やす能力で「自己増殖能」と呼ばれます。

皮膚、赤血球、血小板など、わたしたちのからだをつくるさまざまな細胞に変化することができます。

もう1つは、体を構成するさまざまな細胞に分化する能力で「多分化能」と呼ばれます。

自分とまったく同じ能力を持った細胞に分裂することもできます。

幹細胞は、自己複製と様々な細胞に分化する能力を持つ特殊な細胞で、この2つの能力により、発生や組織の再生などを担う細胞であると考えられています。

皮膚などになる「外胚葉」、消化器などになる「内胚葉」、血管などになる「中胚葉」、これら三胚葉すべてに分化する能力がある細胞は「多能性」または「万能性」といいます。

有名なのは、ES細胞(胚性幹細胞)とiPS細胞(人工多能性幹細胞)ですが、これらも多能性を持つことから「多能性幹細胞」と呼ばれます。

たとえば血液を構成する「造血幹細胞」、神経細胞になる「神経幹細胞」、筋肉細胞になる「筋肉幹細胞」などは、まとめて「体性幹細胞」と呼ばれており、ES細胞やiPS細胞と同じように、再生医療に活用することが期待されています。

骨髄などから得られる造血幹細胞を白血病患者に移植して治療することはすでに普及しています。

幹細胞の効果

美容成分として効果が高く安全で、シワの改善・抗酸化作用などが期待できます。

理想的な肌環境をつくり、肌老化の根本的な解決につなげるのに最適な成分だといわれ、ヒト神経幹細胞は、メラニン色素を分解する美白効果が認められています。高いエイジングケア効果が期待できるとしてエステサロンを中心に取り扱いが増え始めています。

幹細胞の減少

幹細胞はすべてのヒトの体内に存在しています。

寿命を迎え死滅した細胞は、自動的にまた新しく生まれ変わる性質を持ちます。

ただし、加齢や生活週間、ストレスなどが原因で幹細胞が減少することもわかっており、そのため、傷がシミやシワができやすくなったり、傷が治りにくいなど、肌のターンオーバーが正常に機能しなくなります。

寿命を迎えた細胞に変わり、新しい細胞を製造・補充する能力をもった細胞が「幹細胞」です。

美容面においてはターンオーバーの正常化、ハリや弾力の維持、保湿などの役割を担っていますが、減少している幹細胞を補うためには、幹細胞配合化粧品がオススメです。

幹細胞が美容業界で注目される理由

幹細胞には免疫力を高める効果や傷ついた細胞を見つけて修復するホーミング効果と呼ばれる機能を有しています。

そのため、加齢で衰えた組織に再生を目的とした「更年期障害」の治療、免疫の暴走を抑制して炎症を抑えることを目的とした「アトピー性皮膚炎」の治療、関節内の炎症を抑えて関節軟骨の再生を目指す「変形性ひざ関節症」などの治療に応用されています。

患者自身の幹細胞を培養して使うため高い安全性が期待できます。こうした再生医療は2013年にスタートしたばかりですが、これまで不可能とされていた治療にも効果が期待出来るとして、これからも注目されていく存在です。