気軽にできる「かっさマッサージ」で小顔になれる?

かっさマッサージとは?

かっさは昔から中国で親しまれてきた木材や石などの小さな板を使う民間療法です。2500年前から治療法として活用されており、そんな伝統的な民間療法が近年、とても注目されています。

かっさは圧を加えて血液の流れを整え体調を整える方法で、そのマッサージに使用する道具のこともかっさ(もしくはかっさプレート)と呼びます。

『かっさ』という名前の意味は、漢字では『刮』と書くのですが「刮(かつ)」は削るという意味、「(さ)」は動けなくなって滞っている血液のことを指します。

かっさを使ったマッサージは、リンパを刺激することで、毛細血管に圧を加えて血液の毒を肌表面に押し出し、血行の流れを良くするというものなんです。

また手で行うセルフマッサージに比べ『力いらず』でリンパを流すことができます。かっさマッサージはとくにデトックス効果が高いマッサージ方法、美容方法だといわれています。

顔のむくみや小顔を維持するために、毎日かっさマッサージを行っているという方も多いのです。それでは、かっさを使った小顔マッサージを行う前に、かっさマッサージに必要な道具やポイントを見ていきましょう。

かっさマッサージによって得られる効果は?

かっさマッサージではかっさと呼ばれるプレートを使って血液やリンパの流れをよくします。かっさプレートで軽くなでるだけで血液やリンパの流れが促されて様々な美容効果が得られるので、今でも人気があるのですね。

血液やリンパの流れを良くすることで、美容効果、肩こり、便秘など女性には嬉しい様々な効果が期待できるそうです。老廃物を体の外に出す手助けをするので、セルライトを除去してダイエット効果などもあるのだとか。

小顔効果

顔中心から立体感が出るため、顔幅が狭く見えることで小顔効果をサポートします。

むくみが原因で顔が大きく見える方も多くいます。
顔に立体感を出すだけでなく、血行もよくしてくれるのでお顔がスッキリとしていきます。

目の下のクマ解消

クマの原因である血液の循環不足を改善します。

クマがあると暗い印象を与え、相手に不安を抱かせてしまいます。しかし、クマが解消するとメイクでクマを隠す手間がなくなり、厚塗りしなくても相手に明るい印象を与えられるようになります。

たるみ解消

筋肉のコリをとることで、筋肉を本来の位置に戻します。

たるみもしわと同じで老けた印象を与えてしまいます。お肌がきれいでも、たるみがあるともったいないです。

肌の色が明るくなる

毒素や老廃物が流れることで、くすみがとれ肌の色が明るくなります。

お肌が明るいのは血行の流れがいいということなので、化粧ノリが良くなりメイクが楽しくなります。

毛穴が引き締まる

筋肉が立体感を取り戻すことで、たるみや毛穴を目立ちにくくします。
毛穴が目立つと毛穴を隠すために化粧が濃くなりますよね。

また毛穴が開いていると皮脂と空気に触れやすく、酸化してニキビの原因になることもあるんです。毛穴が締まっているということは、たるみも目立ちにくいということなので毛穴の引き締めは重要なポイントになります。

かっさを使った小顔マッサージに必要な道具は?

かっさを使って顔をマッサージするときには、かっさの面の部分ではなく点の部分を使用します。
つまり、でっぱりのある部分を使ってマッサージするのです。

かっさは「羽型」「眉型」「くし形」など様々な形が存在しますが、小顔効果を狙うなら面の部分も使用するので、両方を兼ね備えている「羽型」のかっさがおすすめです。

美容グッズを扱っているお店に行くと様々な種類のかっさプレートを見かけるかもしれません。ステンレスやプラスチック製のものが多いかと思いますが、本格的にカッサを使ってマッサージを始めるのなら、木製、陶磁器製、水牛の角、ヒスイなどの天然素材でできた本格的なものを購入しても良いですね。

かっさマッサージの注意点

かっさマッサージは簡単で効果も高いことから、使いかたに注意もしなければなりません。

例えば、食後すぐには控えたほうがいいですし、皮膚が薄い顔などに使うときは力を入れすぎてしまわないように気をつけましょう。

カッサを使う上で注意すべき点は

その1:クリームジェルやオイルをたっぷりと使いながら使用してください。直接かっさを使うと摩擦でお肌に負担になってしまいます。お肌を傷つけお肌のたるみの原因になってしまったり、血管を圧迫させ内出血してしまったりする原因になります。

その2:お肌に炎症(ニキビ・赤みなど)がある場合はその部分は避けてください炎症が起こっている部分は、お肌が弱っている箇所。そこに、かっさなどで摩擦を加えると、手で行うマッサージに比べて強い力が加えられるため、悪影響があるかもしれません。

その3:痛ければ効くという訳ではありません。痛みが強いと効いていそうなイメージですが、痛いほど効いている訳でも、アザがたくさんできるほどいいわけでもありません。痛気持ちいい程度の圧で、加減しながら行うのが良いと思います。