マッサージで小顔になるために知っておいたほうがよいこと

小顔にするために、最も効果的だと言われているのが、マッサージです。

顔をマッサージすることで血行が良くなり、顔のむくみを解消させることで、顔やせ効果が期待できて結果的に小顔になるのです。

上手なマッサージ師さんにお願いした場合、たった1回でも効果を実感できることも少なくありませんので試してみる価値はあると思います。

今回は、そんな小顔マッサージについて知っておいたほうが良いことを記事にしましたので、ぜひご覧ください。

自分で小顔マッサージするときの注意点

お店で小顔マッサージを受けたことがあればわかると思いますが、リンパなどをマッサージする前には、必ずオイルやクリーム、ローションなどを塗って摩擦を減らし、お肌に負担をかけないようにする必要があります。

肌が乾いた状態でのマッサージは、摩擦によるメラニン色素の沈着でシミの原因になる可能性もありますので、オイルやクリーム、ローションを多めに塗って摩擦が生じないように行いましょう。

オイルやクリームなどは、リフトアップ効果が期待できるマッサージ用のものを用意すると、より効果が高まるのでおすすめです。

また、小顔マッサージは毎日継続することで効果が実感できるようになるものなので、 自分の手でマッサージするだけでなく、楽しみながら顔のマッサージができるグッズを利用することもおすすめします。

地道に継続することで必ず結果は出ますので、コツコツと続けていきましょう。

小顔コルセットに小顔効果はあるのか?

小顔グッズを探していると、必ず目にするのが小顔コルセットです。

顔に装着するだけで顔全体を引き締めることができ、リフトアップにも期待でき、結果的に小顔になれるというキャッチコピーが目を引きます。

この小顔コルセットも、個人差があるため全員に効果があるとは言えないのですが、一定の効果が期待できるのは間違いありません。

効果がある理由は、コルセットを装着することで、たるんだ顔のお肉を矯正することで顔の歪みを調整し、歪みが調整されることで、顔のむくみが取れるからです。

ただし、矯正ということは、顔に一定の負担をかけるということでもありますので、使いすぎには注意しましょう。

頭をマッサージすると小顔になれる!その理由とは?

頭をマッサージしてほぐすことで、リフトアップや顔のむくみが取れ、小顔になる効果が期待できます。

その理由は、顔の皮膚は頭皮とつながっているため、頭皮がマッサージで柔らかくなることで顔のむくみが取れるからです。

頭皮や頭の筋肉が硬くなると、肌の弾力が失われ顔のシワやたるみの原因になり、顔が大きく見えてしまいます。

そうならないためにも、頭をマッサージして小顔になりましょう。

頭をマッサージすることができる美容グッズもたくさんありますし、ヘッドスパなどは特に大きな効果が期待できますので、試してみられてください。

5つの美顔ツボを押して小顔効果アップ!

顔の血流が良くなれば、むくみやたるみの改善、リフトアップ、小顔効果が期待できます。

そのために、簡単に顔の血流を良くすることができる方法が、5つの美顔ツボを押すことです。

攅竹(さんちく)

左右の眉頭にあります。中指か親指の腹をツボに当てて、眉の下を押し上げるようにもんでください。

巨りょう(こりょう)

瞳から真っ直ぐ下におりて、鼻の下の高さで水平に引いた線が交差する頬骨の下にあります。親指の腹をツボに当てて、下から押し上げるように軽く押してください。

顴りょう(けんりょう)

目尻からおろした線が交差する頬骨の下にあります。親指の腹をツボに当てて、下から押し上げるように軽く押してください。

風池(ふうち)

首筋のやや外側のうなじ周辺のくぼんだところ。左右にあります。両手の親指の腹をそれぞれのツボに当てて押しながら頭をゆっくりと前後に動かしてツボを刺激してください。

合谷(ごうこく)

手の甲側の親指と人指し指の骨の割れ目。やや人差し指側にあります。親指の腹を押し当てて揉んでください。

おわりに

小顔マッサージは毎日継続することが大事。

今回お伝えしたことを参考にしていただき、楽しみながら続けてみてください。